2012/05/16

液晶一体型パソコンの内蔵ディスクは、小容量のSSDにして、データはUSB接続の裸族のお立ち台に入れています。ファイル転送は速いとは言えませんが、大きなファイルを書き込むことはほとんどないので、これで十分です。



ディスクを簡単に抜き差しでき、更に2台の3.5インチまたは2.5インチHDDを同時にさすことができ、また、HDDからHDDへのコピーもできるので非常に便利です。そして、金額も6千円弱と非常に安く、これはいい買い物をしたと思ってました、ええ、思ってましたよ、ワットモニターで消費電力を測るまでは。

ワットモニターで消費電力を測って驚きました。むちゃくちゃ電気食うんですよこれ。

製品名CROS2EU2CP
電源OFF3.2W
電源ON (HDDなし)5.3w
電源ON (3.5インチHDD1台)10.2W
電源ON (3.5インチHDD2台)15.0W
HDD内の動画再生 (1080p)15.8W
電源ON (2.5インチHDD1台)6.2W

電源OFFで3.2Wって、これどうよ、って感じですよね。しかも、本体とACアダプタとの接続を外しても3.2Wのままでしたので、ACアダプタでこの3.2Wは消費されているんですよ。なんちゅうACアダプタやねん。勘弁してよって感じです。

パソコンをシャットダウンしても、わざわざ外付けハードディスクの電源を切る人はあまりいないんじゃないでしょうか?そしたら、3.5インチのハードディスクを2台接続していたら、何もしなくても15Wが消費されていくんですよ。前に測ったノートパソコンと同じくらいの消費電力です。これはさすがに許せませんね。しかも3.2WはACアダプタで消費されてるし。センチュリーさん、もっといいACアダプタ使いなよ。

でも、やはり2.5インチHDDの消費電力は少ないです。これからは2.5インチの時代ですね。引っ越したら、裸族のお立ち台はHDDの消費電力を測るの専用にして、2.5インチの外付けHDDケース買おうっと。もちろんPC連動型のやつ。

0 コメント:

コメントを投稿