2012/08/01

どのリフォーム会社もトイレの床材にフロアタイルを提案してきました。これは私がクッションフロアのような柔らかいのではなく、石のような硬い床材がいいと希望していたからです。でも、どうして石やフローリングじゃなくてフロアタイルなんでしょう。これは、フロアタイルがハサミでも切れ、加工がしやすく施行費が安くなるからのようです。

そこで、フロアタイルのサンプルを取り寄せてみました。



サンゲツのフロアタイルのサンプルを取り寄せたのですが、まず気になったのが強烈な臭い。ものすごくビニール臭いんです。もちろん離れていると臭わないので、床に敷くと臭わないんだと思いますが、トイレのような閉め切ったところに敷いて本当に臭わないのかどうかは不明です。とりあえず近くでは耐えられないほど強烈な臭いがします。

写真の左側のサンプル(ストーンタイル IS-774、IS-358)は黒の大理石調で、離れてみると大理石に見えないこともないですが、触るとビニール感ありありで、素足で踏むと、足の裏にべたーっと吸い付く感じであまりよろしくないです。

写真の左側のサンプル(ストーンタイル IS-754)は、光沢がなく、表面に少し凹凸がありますが、素足で踏むと、足の裏に吸い付く感じはなく、どちらかというとクッションフロアに近い感じです。足の裏に吸い付く感じがしないのはいいのですが、やはり光沢があってぴかぴかしている床がいいので、このフロアタイルもNGです。

でも、踏んだ時の感触以前に、臭いに耐えられないので、フロアタイルにするにしてもサンゲツはないですな。

0 コメント:

コメントを投稿