2012/12/16

使用している Windows 7 パソコンを、Windows 8 にアップグレードしてみました。

使い勝手は・・・最悪。

スタートボタンがなくなったのは痛いですね。タッチパネルを搭載しているパソコンであれば、タイルUI(モダンUI)は使いやすいと思いますが、私のようにタッチパネルがなく、旧来のデスクトップでマウスとキーボードを使うような人間にとってはスタートボタンはやっぱり必須ですね。

特に電源を切るときなど、デスクトップからタイルUIに戻って行わなくてはいけないので非常に不便です。それにコントロールパネルにアクセスする場合にも右クリックを使わなければいけないのでこれも不便です。

タッチパネルではないパソコンで Windows 8 を使うメリットは全くなく、デメリットばかりなので Windows 7 に戻しちゃいました。透明感のあるAero Glassもとても気に入っていて、それのなくなった Windows 8 には魅力を感じません。動作が Windows 7 よりも軽快という評価だったので、アップグレードしてみましたが、私のパソコンでは全く変わりありませんでした。やはり古いパソコンじゃあダメなんですね。まあ、Windows 8 がダメダメということがわかっただけでも良しとしましょう。

0 コメント:

コメントを投稿