2013/03/21

小さめ箱の中にACアダプタやインターフェイス変換器が入っていました。右から、Micro HDMI-VGA変換コネクタ、ACアダプタ、Micro USB-USB変換コネクタで、一番左のものは何だろう?と思っていましたが、ACアダプタを袋から出してわかりました。



電源プラグだったんです。国ごとにプラグの種類が違うので、プラグだけを別に用意しているんですね。さすが、Acerはワールドワイドな会社です。



ただこのACアダプタ残念なことにタブレット本体の小ささに比べると若干大きいですし、タブレット本体の下側にACアダプタを接続するようになっているんです。ということは、ACアダプタを接続した状態ではタブレットを立て掛けることができないんです。



仕方がないので、ACアダプタを接続している時は、くるっと回して使っています。電源ボタンが下に来るのはちょっと不便ですが、勝手に押されることもなく使えるので、まあいいとしましょう。



当然、縦にもできます。電子書籍を読むには縦の方が読みやすいです。ただし、片ページ表示でね。タブレットは縦でも横でも表示できるのがいいですね。



キャリーケースも入っていました。



通常はこのようにタブレットを入れて持ち運びするのに使うんですが、



昨日の写真にもあるように、タブレットを立て掛ける台にもなります。これかなり重宝してます。



あと、タブレットの前面を拭くためのクロスも入っていました。

0 コメント:

コメントを投稿