2013/07/20

リフォーム会社とスケルトンリフォームの打ち合わせを行いました。

前に話していたように、住宅設備を全て取り外しスケルトン状態(コンクリートだけの状態)にして、カビ除去を行った後、リフォーム工事を行います。そのためエコキュートを除く全ての住宅設備を総入れ替えします。今回はそれらに関しての打ち合わせです。

現在はシステムキッチン、洗面台、トイレは LIXIL で、ユニットバスはパナソニックなんですが、リフォーム会社さんから全部 LIXIL にして欲しいと言われました。たぶんまとめて購入すると仕入れが安くなるからでしょう。よく聞く話です。

デザイン的にはパナの製品の方が好きなのですが、全部 LIXIL で OK しました。

それで、リフォーム会社は選んだチョイスは、

システムキッチン:リシェル
ユニットバス:ソレオ
洗面台:ラルージュ
トイレ:サティス

トイレは前回のリフォームでもサティスだったのでそれと同じものです。トイレ以外は同じ製品がないので別の製品です。カタログを持ってきて置いていくので、色とか扉とか細かいところを自由に選んでくださいだそうです。じっくり選びたいと思います。と言ってもあまり時間はないですが。

他にも決めなくてはいけないことがたくさんあります。

現在の室内ドアは既製品ではなく特注品だそうで、また特注品にするか既製品の中から選ぶかどうか、と聞かれたんですが、リフォーム会社の担当の人の顔が既製品にして!って訴えていたので、既製品から選ぶことにしました。

既製品はサイズが決まっているので、高さとかがぴったりとは合わないのですが、そこまで気にしないのでいいやって感じです。ただし、現在室内ドアは全て開き戸なんですが、これを全て引戸にしてもらうことにしました。それでも特注品で作るよりは楽なんでしょうね。

室内ドアはパナから選ぶように、これもカタログを置いていきました。
なんだ最初から既製品でと思ってたんじゃん。

壁のクロスは前回のリフォームと同じもので、床は黒色のフローリングを探してもらうように依頼しました。また、これを機に変えたいところがあったので、それも依頼しました。ただしこれに関しては保険での対応はできないので、新規契約・別途料金支払いを行うことで合意しました。

0 コメント:

コメントを投稿