2015/01/15

シャープ、パナソニック、ダイキン、無印の空気清浄機について書いたので、他のメーカの空気清浄機についても調べて書いてみようと思います。

まずは、アイリスオーヤマの空気清浄機の2014年度版の「PMMS-AC100」と「PMMS-DC100」です。これらの空気清浄機の一番の特徴は空気の汚れの見える化です。本体上部に大きな液晶パネルが付いており、数値やグラフで空気の汚れ具合がわかります。



確かに最初のうちや、たまには見ると思うのですが、基本的に空気清浄機はオートにして24時間動かしっぱなしでほっとく人が多いと思うので、この汚れのみえる化にどこまで価値があるかはよくわかりません。中国のように、空気が非常に汚れている国に住んでいるのなら頻繁に見るかもしれませんが、日本に住んでいて、これを頻繁に見る人は非常に少ない気がします。でももちろん、付いていて困ることはないので、おまけ程度考えればいいのではないかと思います。

ではスペックです。(50Hzのみ記載)

アイリスオーヤマ
PMMS-AC100PMMS-DC100
モード風量消費電力騒音風量消費電力騒音
静音1.2m3/分38W28dB0.8m3/分4W25dB
標準2.9m3/分54W48dB2.0m3/分8W35dB
3.4m3/分70W50dB4.7m3/分55W54dB
ターボ3.7m3/分85W53dB5.6m3/分80W59dB
待機1.6W1.6W
適用床面積~17畳~25畳
外観
サイズH536×W400×D164H586×W400×D201

適用床面積から見てわかるように、能力的にはPMMS-DC100の方が上です。もちろん価格も。

特に風量の少ない静音や標準でのPMMS-DC100の消費電力の少なさが際立っています。これはシャープの空気清浄機FU-E51やFU-E80並の少なさです。それに比べてPMMS-AC100の消費電力の高いこと。静音や標準ではPMMS-DC100よりもPMMS-AC100の方が風量は多いですが、それにしても比較すると異常に消費電力が高いと思います。他のメーカーの空気清浄機と比べてもPMMS-AC100の消費電力は高いです。

空気清浄機はオートに設定していると、ほとんどの時間最低レベルの風量で動作しています。つまり、静音レベルということです。なので最低風量での消費電力の38Wと4Wの違いは電気代という意味では非常に大きいです。38Wと言えば、40W電球を1つ点けっぱなしにしているのと変わらないですからね。まあ、トイレの電気を点けっぱなしにしているみたいなものでしょうか。販売価格の違いもあるので一概には言えませんが、これほど違えばPMMS-AC100よりもPMMS-DC100の方を選んじゃいますね、私なら。

それから、PMMS-AC100は他のメーカーの空気清浄機と比べても、風量のわりには騒音レベル (運転音) が高めです。PMMS-DC100はPMMS-AC100ほどは大きくないですが、他のメーカーの空気清浄機と比べるとちょっと高めなようです。

0 コメント:

コメントを投稿