2015/03/09

今回購入した NETGEAR R6300-100JPS の無通信状態の消費電力をワットモニターで測ってみました。今まで使っていた無線ルータと比較してみたいと思います。

まず、今まで使っていた Aterm WR4100N の消費電力です。


Aterm WR4100N

製品名Aterm WR4100N
カタログ上の消費電力最大5.5W
無線LAN無効3.2W
無線LAN有効 (2.4GHz帯)3.6W

次に、今回購入した R6300-100JPS の消費電力です。



製品名R6300-100JPS
カタログ上の消費電力最大25.62W
無線LAN無効 (2.4GHz帯,5GHz帯ともに)5.8W
無線LAN有効 (2.4GHz帯,5GHz帯ともに)9.7W
無線LAN 2.4GHz帯のみ有効6.9W
無線LAN 5GHz帯のみ有効7.3W
無線LAN無効で、USBに2台のHDD接続9.4W
無線LAN 5GHz帯のみ有効で、USBに2台のHDD接続10.8W

まず驚きなのが、R6300-100JPSの最大消費電力25.62W、Aterm WR4100Nの約5倍。
通信速度も速いし、内蔵しているアンテナの数も多いし、USB端子もあるし、
この数字は仕方がないのかもしれませんが、それでも25Wは多い気が・・・。

そして残念なのが、無線LANを無効にした時の消費電力。
Aterm WR4100Nの3.2Wに対して、R6300-100JPSは5.8Wと2倍近く。

Aterm WR4100Nは6年くらい前の機種なので、搭載しているチップの省電力化が進んで、無線LANが無効ならR6300-100JPSの方が低消費電力かと思ってたんですが違いました。やはり処理能力を高めるためにCPUなどが大幅にスペックアップしているんでしょうね。

無線LANを有効にしたら、大幅に消費電力に差が出ました。

Aterm WR4100Nは2.4GHz帯しかサポートしていないので、2.4GHz帯の無線LANのみ有効にした場合を比較すると、WR4100Nは無線LANを有効にしてもたった0.4Wしかアップしなかったのに、R6300は1.1Wもアップで、その差約3倍。確かにR6300の方がずっと電波は強いですが、3倍ほどの差があるのかと言われると、ちょっと疑問です。

使用しているタブレットは5GHz帯をサポートしていて、2.4GHz帯しかサポートしていないWifi機器はないので、5GHz帯の無線LANのみ有効にして使用しています。これで少しは消費電力を抑えられます。

今回 R6300-100JPS を選んだ最大目的のUSB接続のポータブルHDDですが、2台で4W近く消費電力がアップします。まあ、これは仕方がないですね。今は表の一番下の設定で使用しているので、無線ルータだけで最低10.8W使用していることになります。当然、通信を行ったら消費電力がアップしますし、接続しているHDDにアクセスしたら更にアップします。24時間つけっぱなしの機器と考えれば、消費電力はかなり高めです。

HDD接続さえなければ、NECのルータの方がベストかな?

0 コメント:

コメントを投稿