2015/04/20

朝、掃除機をかけていたら急に止まってしまい、電源コードが抜けたかな?って思ってコードを見たら、何と断線しているではないですか!




断線しているところを触ったら熱いんです!

こりゃだめだわ。

って、ことで掃除機を買い替えようと、発売中の掃除機をネットで調べました。

今使っているシャープの EC-ST20 の新型が発売されていたらそれを買おうと思ったんですが、私が買ったのを最後に新型が出ていないんです。他の縦型掃除機にもイマイチ買いたいと思うものがない。縦型(スティック型)では、バッテリー式のワイヤレスが今は人気なようですが、昔使っていたエレクトロラックスのワイヤレス掃除機 ergorapido の吸引力の低さからワイヤレスには触手が伸びないんです。

仕方がないので、壊れた掃除機を自分で修理することにしました。

といっても、電源プラグを取り替えるだけです。

100均のダイソーに行って、電源プラグを購入。




必要な工具、ニッパー、ドライバー、カッターを準備。
ただし、カッターはなくてもOK。ニッパーやハサミで代用可。



あれ?ニッパーがない。

昔、ニッパーを持っていたので、あると思っていたのですが、探しても見つかりませんでした。そこで代用したのが、上の写真にあるキッチンバサミです。普通のハサミは力不足ですが、キッチンバサミは力が入るのでニッパーの代用になるかも?って思って準備しました。このキッチンバサミは買ったはいいが、今まで使うこともなく片隅に追いやられていたものでしたので、使う機会ができてよかったです。

この続きは明日。

0 コメント:

コメントを投稿