2015/08/07

リカバリメディアも作成したので、8GBメモリと256GB mSATA SSDを購入し、Vaio Tap 21に増設しました。



[ 購入した8GBメモリと256GB mSATA SSD ]
CFD-Panram SO-DIMM 8GB CL11 1.35v D3N1600PS-L8G
SanDisk mSATA SSD UltraII 256GB SDMSATA-256G-G25

これらを増設するには、Vaio Tap 21を分解しなくてはいけないんですが、その部分は写真を撮り忘れたので、次のサイトを参考にしてください。私もこのサイトを見て分解しました。

「VAIO Tap 21」を丸裸に、HDD・メモリ交換に役立つ分解方法を伝授!

で、分解が終わりました。分解は想像していたよりも楽で、ぱかぱかぱかっと開きました。上のサイトにも書いてありますが、「ネジ穴のところをプラスドライバー押す」のがポイントです。そうすればヘラとか使わなくても爪で十分開けます。



mSATA SSDを載せる場所、メモリを載せる場所、今回はやりませんがHDDが搭載されている場所は次の通りです。



Vaio Tap 21はバッテリーを内蔵しているので、そのバッテリーの電源をまず切ります。(OFFへ)



購入した8GBメモリ1枚を増設します。



もともと8GBメモリ1枚が入っており、空きスロットが1つあります。



そこに購入した8GBメモリ1枚増設し、合計16GBになります。



次に、256GBのmSATA SSDを増設します。mSATA SSDって、ものすごく小さいんですよ。ボールペンとの比較写真です。実物を見るのは初めてで、こんなに小さいとは思わず、これには私も驚きました。



Vaio Tap 21のmSATAインターフェイスのところに、購入したmSATA SSDカードを刺したんですが、ぱかっと浮くんです。てっきり、メモリカードなんかのように横から差し込めば固定されるのもだと思ってました。



ネットで調べると、mSATA SSDカードを固定するための M2×3mm~3.5m くらいのネジがいるそうなんです。そんなネジは購入したmSATA SSDカードには付いておらず、はてさて困った。そこで、家にある古くてもう使わないだろうと思う液晶一体型パソコン Vaio VGC-LA92S を分解し、そこから使えそうなネジを抜いてきました。


※ amazonでも10個158円で売ってましたよ。


で、そのネジで止めると、mSATA SSDカードは固定されました。



これで増設完了。



バッテリーの電源を ON にします。



そして、リカバリメディアのUSBメモリから増設した mSATA SSD にリカバリーすればOKです。 これで mSATA SSD がOSの入るディスクになり、元々 Vaio Tap 21 に入っていたHDDはfデータ用として使えます。もちろん、メモリも 8GB→16GB になって快適快適。

0 コメント:

コメントを投稿