2015/08/27

電動ロールスクリーンが動かなくなった件で、エアコンのドレンホースを断熱仕様タイプに交換してもらいましたが、結局配管ケーブルからの漏水は止まりませんでした。この写真を見ると、前回同様冷媒管に水滴が付いているようです。



そこで、エアコンの配管カバーを外して、水滴の発生源を突き止めようと考えました。



そしたら、大元には大量の水滴が!!!
なんじゃ、こりゃ!状態です。



ドレンホース、冷媒管両方ともに水滴が付いていましたが、冷媒管の方が大粒。そして、よく見ると、どちらもホースをジョイントしている部分のテープを巻いている個所に水滴が付いていました。エアコン本体に元々接続されているドレンホースや冷媒管は非常に短く、それにエアコン業者が持ってきたドレンホースや冷媒管をジョイントで長くして外に出しているんです。



このテープはどう見ても普通のビニールテープ。
断熱テープじゃないんじゃないの?

そこでエアコン業者に確認すると、断熱タイプじゃないそうです。
また後日、エアコン業者に来てもらうことになりました。

もう夏が終わっちゃうけど、いつまで続くんだろう??

0 コメント:

コメントを投稿