2018/10/14



予定通り、2019/10に消費税を8%から10%に増税するそうだ。

消費増税、予定通り来年10月実施…首相表明へ
2018年10月14日 06時00分

安倍首相は、消費税率を来年10月1日に現行の8%から10%へ予定通り引き上げる方針を固めた。社会保障制度を全世代型に転換する財源を確保するため、増税は不可避だと判断した。15日の臨時閣議で表明し、増税の影響を和らげる対策の検討を指示する。中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどを使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する案などが柱となる。

政府は15日に臨時閣議を開き、2018年度第1次補正予算案を決定する。首相はこの席上、増税を実施する決意を示すとともに、具体的な増税対策について指示する方向だ。増税の最終判断時期を探っていた首相は、自身の経済政策「アベノミクス」の成果でデフレ脱却を実現しつつあり、様々な増税対策を総動員すれば個人消費の落ち込みは抑制できると判断した。

読売新聞より

大企業の業績は上がっているが、
個人消費が全く伸びていない今、
消費税を上げるのは非常に危険。

絶対に個人消費が落ち込むと思うんだけど。

む~~~、
個人消費関連銘柄はそれまでに売っとかなきゃ!

持ってる銘柄で個人消費関連銘柄は
イオン (8267)
ユナイテッド・スーパーマーケット (3222)
プレナス (9945)
すかいらーく (3197)
学究社 (9769)
くらい。

イオン、ユナイテッド・スーパーマーケットとプレナスは
優待狙いでしかも100株しかもっていないからいいとして、
すかいらーくは1000株も持ってる、
しかも分の悪い外食産業。

持ち帰り弁当のプレナスは消費税が8%のままに対して、
外食のすかいらーくは10%になる。

すかいらーくは優待がデカいから、
そのまま持っておきたいんだけど、
やっぱりここは売っておくべきだね。

問題は学習塾の学究社。

消費税が上がったって、塾に行くのを辞めるってことはあまり考えられない。
もちろん、大幅に上がれば別だけど、2%くらいの上げなら大丈夫でしょ。
それよりも、学習塾側が増税分を値下げして、収益が悪化する可能性のほうが高い。

学究社を売るかどうかは、非常に悩みどころ。
ここって、大幅な上げもないけど、
日経平均が下げてもそれほど下がらないんだよね。
しかも配当がすごくいい。

いや~~~、悩むな。

それから、

『中小小売店での商品購入時にクレジットカードなどを
使った消費者に対し、購入額の2%分をポイントで還元する』

って、言ってるんだけど、
そうなると、イオンやイトーヨーカドーなんかの大企業は
更に業績が悪化するってことだよね。

その代わり、クレジットカード会社株が買いか???

0 コメント:

コメントを投稿